ピンボケ標本室

徒然なるままに鉱物写真

オーケン石

f:id:fa18h:20160703203006j:plain

オーケン石はウサギの尻尾の様に白くフワフワとした結晶部分。月日が経つとともに晶洞の内側が剥がれ始め、オーケン石の上に崩れ落ちて無残な姿になってしまった。結構値段が高かった様な記憶があるのでショックです。こうなるのが分かっていたら買わなかったのに、もったいない。このタイプの標本はこうなる運命なのでしょうか?

産地 インド