ピンボケ標本室

徒然なるままに鉱物写真

硫砒銅鉱

f:id:fa18h:20171210173936j:plain

読んで字のごとく、銅と砒素の硫化鉱物。前回投稿した硫砒鉄鉱とは一字違いですが、色形まったく別物。日本での産出は少ないそうです。

産地 Butte,Montana,USA

硫砒鉄鉱

f:id:fa18h:20171203065505j:plain

f:id:fa18h:20171203065513j:plain

f:id:fa18h:20171203065521j:plain

産出が多く砒素の代表的鉱物。黄鉄鉱に似ているが、結晶に変化が有る。3枚目の写真はまるで夕日に映える鋼鉄の山、ちょっと酸化している。             産地 中国湖南省瑶崗山鉱山

燐銅ウラン石

f:id:fa18h:20171126105728j:plain

f:id:fa18h:20171126105738j:plain

ウランと聞くと放射線がちょっと怖い気がしますが、まあ気にしない気にしない。

産地 Shinkolobwe,Katanga Prov.Congo

アメシスト

f:id:fa18h:20171118234022j:plain

本当はアメジストではなくアメシストが正しいと何処かで読んだ様な気がします。スペルもそうだし、どうかな。この産地のアメシストは世界で一番美しいと言われています。色が濃くて透明感の有る標本が沢山出ていますが、この石はその点では今一つ。でもボリューム感が在り、貫禄が在るので気に入ってます。

産地 メキシコ ベラクルス

黒鉱

f:id:fa18h:20171111093730j:plain

f:id:fa18h:20171111093740j:plain

黄銅鉱と閃亜鉛鉱の劈開が所々に見られる黒鉱である。標本幅20㎝程重さは約7キロでちょっと大きい。お気に入りの標本なので紙に包み光の入らない所に保管しています。購入した時は掘り出してすぐの様な輝きが有ったのに、だんだんと光沢が無くなり、くすんで来ているのが残念でたまらない。湿度の影響が有るかもしれない。金属鉱物の宿命かもしれないが、なんとか成らないものか。ところで今回で投稿数が100に成りました。ブログを始めてかれこれ2年2ヶ月、遂にと言うかやっとと言うか。

産地 秋田県深沢鉱山