ピンボケ標本室

徒然なるままに鉱物写真

ハックマン石

f:id:fa18h:20190810215705j:plain

f:id:fa18h:20190810215821j:plain

上の写真は可視光線で下の写真は紫外線による蛍光写真である。太陽光に晒すと退色し、紫外線に当てると色が復活する不思議な性質があるのです。実験して遊ぶのなら塊状でもいいんだけど、やっぱり結晶が欲しい。高いんだろうなあ~。この前の日曜日カメラの師匠にあれこれと石の写真を撮ってもらた内の写真です。暑くてその横でビールをのんびり飲んでました。あ~極楽極楽。

 

 

方解石

f:id:fa18h:20190727192715j:plain

京都の石のお店で、ちょっと変わった方解石というラベルが付いて無造作に安く売られていました。方解石の結晶形は200種類ぐらい在ると聞いた事がありますが、確かに変化にとんでいます。犬牙状はよく見ますが私もこのタイプを見るのは初めてで、このタイプはなんと呼ぶのでしょうか?。それと一寸気になったのは厚手のビニール製小袋に直接入れられていましたが、擦れて結晶に擦り傷があり残念でした。硬い石ならいいですが、硬度3の方解石になると、クッションの様な物が欲しいところです。

産地 メキシコ

水晶 方解石

f:id:fa18h:20190720212057j:plain

展示向きの大きさで、しかも国産なので値段の方もビッグでした。そりゃあもう清水の舞台から大ジャンプです。それならそれなりにもう少し上手に撮らないと、水晶と方解石の見分けがつかないですなあ。水晶は身近な石ですが、思いどうりに撮れない事が多いいです。何時かカメラの師匠に取り直しをしてもらいましょう。ご無沙汰しておりますが見てますか?

産地 宮田又鉱山